陰部・デリケートゾーンの湿疹・かゆみ・においの原因・治療法のまとめ

陰部・デリケートゾーンの湿疹・かゆみ・においの原因・治療法のまとめ 陰部湿疹とは? 陰部湿疹とはデリケートゾーンの痒み、痛みなどの症状を起こす皮膚疾患のことです。原因は様々ですが、放っておくと慢性化しやすくなり、症状が悪化したりと非常に厄介な皮膚疾患です。 陰部湿疹やデリケートゾーン(陰部)の悩みや症状は? 一般的な症状としては痒みや痛み、ヒリヒリ感、匂いが気になる、おりものの量が増えるなどの症状が多いです。その他以下のような症状と悩みを抱えている方が多いです。 ☑婦人科に通っているがなかなか治らない ☑ステロイド軟膏を塗ると治まるが、副作用が怖い ☑家族や友人に相談できず、一人で悩んでいる ☑繰り返し症状を起こしている ☑皮膚が薄く、黒ずんでくる 陰部湿疹やデリケートゾーン(陰部)のかゆみが起こる原因は? 皮膚が弱いこと 蒸れ 下着で常に覆われておりますデリケートゾーンはただでさえ蒸れやすい部位です。そのうえ、女性はストッキングやタイツなどの締め付けがあったり、汗やおりもの、生理中であればナプキンの使用により余計に蒸れやすくなります。皮膚が弱いと、お肌が蒸れた状態が長く続けば雑菌や真菌が繁殖しやすくなり、痒みの症状が起こります。掻くと皮膚が傷つき、さらに雑菌や真菌の繁殖がすすみ、においがするようになり、治りにくくなります。 摩擦や刺激 下着との摩擦やおりものや尿、洗剤の残りなどによる刺激で皮膚へのダメージが大きくなり…

続きを読む